精子の量を増やすために必要な事とは?

 

精力減退の大きな原因である精子量の減少
最近、射精の際の精子量が減少していると感じ方も多いのではないでしょうか

 

精子の量が減少する要因はいくつかあります

【加齢によるもの】
男性は25歳〜30歳が男性ホルモンの分泌量のピークと言われています
男性ホルモンは精子を合成するために必須の栄養素ですので、加齢によって男性ホルモンの分泌量が減る事で精子の量が少なくなると言うわけです
男性ホルモンは筋トレの際に多く分泌されますので、普段から体を動かす習慣をつけておくことが大切です
【生活習慣の乱れ】
喫煙、深酒、栄養バランスの乱れた食事などによって年齢にかかわらず、精子量は減少します
喫煙者は非喫煙者と比べると精子の量が10〜17%も少ないと言うデータもあったり、飲酒によるアセトアルデヒドも精子の量が減少する原因になります
アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど精子のもとになる栄養素が不足したり、悪習慣は早めに見直すようにしましょう
【ストレス】
強いストレスがかかっている状態が続くとホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの分泌量にも悪い影響が出てしまいます
個人個人でストレスを発散する方法を持っておくことが大切
ストレスの元は人間関係である事も多く、人を変える事はなかなか難しいので自分で発散する事が大切
【環境ホルモン】
最近言われているのが環境ホルモンによる精子量の減少です
大気汚染、食品添加物などの化学物質の中には精子量の減少に関わっているものがあると言われます

などが代表的ですが、他には事故によって神経を損傷してしまったり、薬物による副作用なども精子量の減少に関わっています


精子の量を増やすためには

 

加齢による精子量の減少は自然な事ですが、年をとっても精力が衰えずに元気なままと言う方はたくさんいます
精子の量を増やすために特に重要な事は3つ

精子の材料となる栄養素を摂取

精子の原材料となる栄養素を普段から摂取する事で精子量は増やす事が出来ます
食べ物によって私たちの体が出来ているのは当然のことで精子も同じです
精子合成に必要な代表的な栄養素は亜鉛、アルギニン、セレン、鉄分、ビタミン類などです

男性ホルモンを分泌させる食べ物

男性ホルモンのほとんどはテストステロンと呼ばれるホルモンです(95%がテストステロン)
テストステロンの分泌には亜鉛やタンパク質などが必要になってきます
また、玉ねぎに含まれている消せるチンと呼ばれる成分はテストステロンの排出を防ぐ働きがあったり、他にもキャベツ、ブロッコリーなどのアブラナ科にはテストステロンの生成に必要な成分を含んでいます

筋トレや運動をする習慣

テストステロンは筋トレなどの際に多く体内で分泌されます
体が強い男性は精力も強いイメージがあると思いますが、体を鍛える事で体内の男性ホルモンの分泌量が増加する事も深く関係してます
特に下半身の筋トレは精力アップに効果的ですので、ジムに行く時間が無い方でもスクワットなどの簡単な筋トレは行う様にしましょう

十分に摂取しずらい栄養素はサプリから

精子量を増やす基本中の基本の食事ですが、実際に毎日十分な量の亜鉛、アルギニン、セレンなどを摂取するのは難しかったりします
その為、精力剤などのサプリを活用するのも手です
バイアグラなどの様な勃起促進剤ではなくて精力アップに必要な栄養素を総合的に摂取できる物がお勧めです