精力が強い男性はなぜ仕事が出来る?その関係性とは?

 

仕事が出来る男性はギラギラしているイメージや精力が強く活発的なイメージが皆さんにもあるのではないでしょうか?
実際に昔から英雄色を好むと言われるように歴史に名を刻んでいる人は皆揃って女性好きだったと聞きます

 

偉人までも行かなくてもあなたの周りにも仕事をバリバリして毎日の様に夜遊び歩いている方もいらっしゃると思います
また、こんなデータもあります

ケンブリッジ大学の臨床研究で男性ホルモン量の多い株式トレーダーと男性ホルモン量が少ない株式トレーダーの年収を比較した際に、その差は78,000万も違いがあったそうです

株式トレーダーはちょっと特殊な仕事ですが、逆に年収の差が大きく表れる職業です

 

営業職であったり、そうでなくても活動的な男性は精力も強く浴があり、仕事を頑張る傾向にあります
なぜ精力が強い男性は仕事が出来る傾向にあるのでしょうか?


精力が強い男性が仕事が出来るのは男性ホルモンと関係があった

精力が強いと言うのは簡単に言うと男性ホルモンが非常に多く分泌されている状態の事を指しています
男性ホルモンは様々な種類がありますが、95%がテストステロンと呼ばれるホルモンです
男性ホルモン=テストステロンと言う認識が一般的です

 

精力が強い男性は仕事が出来るのはこの男性ホルモンと深い関係があるのです

男性ホルモンの分泌が活発な男性が有能な3つの理由

判断力、決断力を上げる

男性ホルモンの代表であるテストステロンの働きは精力アップだけではありません
血行促進などの働きや、判断力、決断力をアップさせるなどの脳にも良い働きをする事が判明しています
先ほど株式トレーダーの年収の話をしましたが、普通の仕事よりも顕著に決断力が必要になる職種では顕著に年収の差として男性ホルモンの関係が表れているのかもしれません
こういった特殊な仕事でなくても通常の仕事で判断力や決断力は非常に大切な要素です
仕事が出来る人間と言うのはチャンスをしっかりとつかむことが出来る人間です
チャンスが来た時に即判断できる能力は有能な男性の証拠ともいえます

健康体をキープ

男性ホルモンは健康体を維持する為にも作用します
抗糖尿病、抗肥満作用などがありますし、、テストステロンが低下する事によって睡眠障害を引き起こすとも言われます
中年以降に男性ホルモンの分泌量が低下して睡眠不足になってしまうのはこの事も関係していると言われます
有能な男性の多くは体力があり、健康体です
体が健康であることによって前向きになったり、高い思考力を保つ事が出来ます

メンタルも強く

テストステロンは脳の活性化にも関与しており、分泌量が低下すると集中力、注意力が衰え、ミスが多くなります
うつ状態とは少し違いますが、テストステロンの減少は一種のうつ状態の様な物です
マイナス思考になったり、やる気の低下につながります

 

これ以外にもテストステロンの数値が高い人は無用な対立を避けて公平な立場で人に接する傾向にあるそうです
確かに仕事が出来る男性と言うのは強さと中立性、やさしさなどを兼ね備えているもの

 

男性ホルモンの分泌量を上げる事が精力アップにつながりますが、その事によって仕事が上手くいくなんて言う話はよくあります
逆に精力以外にも元気がなくなっていると感じる方は精力剤を使用する価値があるかもしれませんね^^